本イベントは「多摩CB分科会2017」の一環で開催します。

いろいろなところで「場所をつくりたい」というお話を耳にします。
しかし、作ったけれど「助成金・補助金なしでは続けていけない」というつぶやきも聞こえてきます。

「場づくりの教科書」の著者、長田英史(おさだてるちか)さんをゲスト講師にお迎えし、
長田さんの「場づくり」の歴史や継続のコツをお伺いし、
人が集まり、地域のニーズにマッチした「活きた」場所の作り方・運営方法をみなさまとご一緒に考えたいと思います。

ご参加の皆さまのご質問やご意見を伺う時間や交流会も行ないます。

 

場所づくりに関わる方、興味がある方、どなたでもご参加いただけます。

開催日

2018年 1月 28日 (日曜日) 13:30~16:30 (開場13:15)

参加費

1,500円(税・交流会費込)

定員

30名

ゲスト講師
長田英史

NPO法人れんげ舎代表理事。合同会社ファロルモ代表。
1972年、神奈川県茅ヶ崎市生まれ。1993年和光大学経済学部経営学科卒業後、同大学人文学専攻科教育学専攻に進学し、教育学や心理学、身体論などを学ぶ。
在学中の1990年より「子どもの居場所づくり」に関する教育運動に参加。まだNPO法人格も存在しない当時、大学卒業後は就職せず、活動を仕事にしたパイオニア的な存在。現在45歳だが、既にこの道27年。

自分たちの力で豊かな「場」をつくり出せれば、大きな組織に属したり、企業や行政からの財政援助を受けなくても、活動が成り立つことを身をもって証明する。長年の活動経験を活かして、他団体へのコンサルティング、講演、執筆などを精力的にこなす。講座は年間80回、関東だけでなく東北から関西、近畿など各地で開催される。講座の主催者(クライアント)は、NPO、市民活動団体、行政、公益法人など幅広い。

◇著書『場づくりの教科書』芸術新聞社(2016) 
◇無料メルマガ「場づくりのチカラ」を配信中
http://bazukuri.jp

 

 

 

お申し込みフォームに必要事項を記入し、送信ボタンをクリックしてください。
受付確認メールをお送りします。@ritomas.com からのメールを受け取れるよう設定をお願いします。

ご連絡事項など

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。