東京・国立のシェアスクール|レンタルスペース 起業サポート・起業支援

メルマガ バックナンバー 第64回

2019/08/10 12:00:01発信

▼△▼△▼△▼△ 2019. 8.10 Sat. ━━━━
 
 リトマス流ビジネスを楽しく加速する方法 <第64回>
  「夏休みにお勧めの本」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
リトマスの東 希視子(アズマ キミコ)です。

このメルマガでは、私が何もわからない状態で
「起業」した時に経験したこと。
そこから学び、
たくさんの方にリトマスで出会って確信した
リトマス流ビジネスを成長させる秘訣を、
ブログやホームページに書けない
突っ込んだ話や失敗談も交えて、お伝えしています。

————————————————————

◆ バックナンバーページ ◆
こちらから1~63回目を読んでいただけます。
(http://ritomas.com/mm_backnumbers)

————————————————————

梅雨が明けたととたん、暑い暑い夏に突入しましたね。

ニュースでも繰り返し
「冷房を適度に使い、水分を取って」
「無理をしないように」
と流れてきますが、
命の危険がある暑さ、ということを実感する暑さです。

私も移動が多い日は
頭がぼーっとしてきて反省することも。
老親がいるのでそちらにも声がけが欠かせません。

みなさんもどうぞ無理をなさいませんように。

今日からお盆休みの方も多いかもしれませんね。
リトマスは夏期休暇を頂いていないのですが、
例年お客さまが少ないので、
溜まった書類の整理や9月以降の準備をして過ごしています。

以前にも書きましたが、
私は読書が好きで常に地元の図書館に予約を入れています。
購入する本も多く、最近は電子書籍にすることも増えましたが、

〇紙の本を手にしたときの心地よい重さ
〇装丁デザインや紙の手触り
〇ページをめくる音、
〇工夫を凝らした文字と余白のバランス

なども大好きです。

本屋さんをうろうろするのも好きな時間なので、
どうしても棚の本が増えていきます。

今日はまったくの私見で、
お休みの日にお勧めの本と
その中で私が好きな言葉をいくつかご紹介してみたいと思います。

————————————————————

<1>『ヴィオラ母さん』ヤマザキマリ

————————————————————

新聞の書評で見て図書館で予約して回ってきた本。
一気に読みました。

ヤマザキマリさんは映画化もされた
「テルマエ・ロマエ」の原作者の漫画家さん。
彼女が「破天荒」な母親について語った本。

テルマエ・ロマエのような発想はどこから来るんだろう、と思っていましたし、
マンガ以外の発信も多く「視点が独特」だと思っていました。

このお母さんに育てられた子どもは大変だったろうな、
と感じるところも多々あるのですが、
お母さんの生き方、愛情のかけ方に爽快感を感じました。
エネルギーをもらえる本。

~~~

「私たちにとってはまっしぐらに生きる一人の人間だった」

「それがどれだけ我々子供にとって気楽なことだったが計り知れない」。

————————————————————

<2>『面倒くさい日も、おいしく食べたい!』一田憲子

————————————————————

著者は「暮らしのおへそ」などの編集・ライター。
SNSで見かけた書影と本のタイトルに惹かれて購入。

それまでこの方の著作は読んだことがなかったのですが、
等身大の発言が多く上から目線でないところが好印象でした。

この本はお料理エッセイという感じなので、
ぱらぱらとめくって
「これ作ってみようかな」
「なるほど、私もやってみよう」
という感じで参考にしています。

疲れて帰って、そのままキッチンに立つ日は
「ああ、めんどくさい」と思ってしまう私ですが、
そんな時でも自分のためにおいしいご飯を作る
という気持ちに気づかせてくれた本。

~~~

「仕事をしていれば、悶々と悩むこともあれば、

自分の不甲斐なさに落ち込むこともあります。

でもご飯を作って「おいしいね」と食べる時間は決して変わらない」

————————————————————

<3>『すいません、ほぼ日の経営。』川島蓉子 糸井重里

————————————————————

私の年代の人なら、糸井さんと言えば時代を牽引するコピーライターですが、
今は手帳やインターネットサイトで知られる「ほぼ日」の社長として有名ですね。

この会社のありようを以前からとても興味を持って見ていました。
インターネットを使ってどのように発信して会社にしていったのか、
若い人のチームをどのように作ったのか、
何を大切にして、これからどこへ向かうのか、
インタビュー形式で語られていきます。

とても読みやすいですし、
読む人によって「刺さる」ポイントが様々にある本だと思います。

~~~

「ほぼ日がどんな会社か」と聞かれると、

最近ぼくは「『場』をつくる会社だ」と説明しています。

うちが一貫してやってきたのは、

「おもしろい場」をつくって、

その中から「おもしろいアイディアが生まれてくる」ということです」

————————————————————

<番外編>『きのう何食べた?』よしながふみ

————————————————————

同性愛者のカップルの日常を描いたコミックス。
現在15巻まで発売されています。
少し前にテレビドラマ化されていましたね。

スーパーのチラシを熟読して節約に励む、
弁護士の「シロさん」が作るごはんは、
パートナーへの愛情が溢れていつも美味しそうです。
疲れがピークの時は、早めにお風呂に入って
このコミックスを読みながら眠るのが私の定番。

いい人しか出てこないし、1回完結なので
ランダムに読んでも大丈夫ですが、
年を追うごとにゆるやかに2人や周りの人々が変化していくので、
1巻から読むのがお勧め。

いかがでしたか? 

まだまだご紹介したい本はあるのですが、
最近のお気に入りから厳選してみました。
自分でも「食べ物」関連の本が多いなあ、と思いました(笑)。

お休みに読む本は、「好きなもの」を読むのが一番。
もし読む本に迷ったときの参考にしていただければ嬉しいです。

次回からは「お仕事モード」に戻そうと思います。
少しでも、リラックスする時間をとることが
次のエネルギーになると思っています。

あなたが、そんな時間を過ごされますように!

リトマス
東 希視子

〇●〇【Instagramやってます】〇●〇

リトマス、Ripple Nishi TokyoでもInstagram更新しています。
是非フォローお願いします。

リトマスID:ritomas.kunitachi
Ripple ID:ripplenishitokyo

〇●〇【リトマスからのお知らせ】〇●〇

★国立市創業塾で東が講師を務めます。
9月7日(土)~全5回開催 13:00~16:00
場所:国立駅前くにたち・こくぶんじ市民プラザ(国立駅高架下)

https://ameblo.jp/azumakimiko/entry-12495616215.html

******************************
発行者:リトマス 東 希視子

ご感想をいただけるとうれしいです!

<宛先>
info@ritomas.com
または、リトマスホームページのフォームからお願いします
http://ritomas.com/contact/

ホームページ
http://ritomas.com/
https://ripple-nishi.tokyo/

Facebook
https://www.facebook.com/ritomas.kunitachi/
https://www.facebook.com/RippleNishiTokyo/

メール登録を解除したい方はこちらまで。
メルマガ解除:http://ritomas.com/merumaga_touroku/

メールマガジン バックナンバー

お気軽にお問い合わせください。

メルマガ「リトマス流ビジネスを楽しく加速する方法」

メールアドレス

メールマガジン バックナンバー

メディア出演・講演実績

IMG_3486

  • 国立市公民館、福生市公民館
  • 東京都「女性・若者・シニア 創業サポート事業」
  • 経済産業省関東経済産業局
  • 創業支援センターTAMA
  • (株)サンケイリビング新聞社
  • 国立市NPO育成支援事業協議会
  • 東京都福祉保健局「子育て応援とうきょう会議」モデル事業「とうきょうOSEKKAIカフェ」
  • 女性キャリア・起業家支援プロジェクト「教室のお仕事パーフェクト講座」 他多数


起業講座企画・コーディネートを承ります。
目的に応じた講座設計、講師選定、講座運営、集客活動、託児保育手配など、きめ細かい対応が可能です。

講座企画,講師依頼

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © リトマス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.