あたらしい「私」を見つけた女性たち 〜株式会社エマリコくにたち 代表取締役 菱沼 勇介 × 東 希美子 対談

起業 支援 シェアスペース リトマス 東希美子 エマリコくにたち 菱沼 勇介

株式会社エマリコくにたち 代表取締役 菱沼 勇介 × リトマス代表 東 希美子 対談

東京国立のシェアスクール・リトマスは講座や企画を通して「あたらしい女性の働き方」を応援しています。

その一環として、「地域と関わり、家族を大切にしながら、自分らしく活躍している人」と、リトマス代表・東との対談を連載しています。

働き方を模索している人、ライフステージに合わせて仕事をしたい人、能力を生かしたい人、何かを始めてみたい人・・そんなあなたのヒントがあるかもしれません。

一旦シリーズ最終回となる第6回目は、初めて男性にご登場いただきます。

地場野菜の新しい流通の仕組みを作り、都市農家と食卓をつないでいる株式会社エマリコくにたち 代表取締役の菱沼勇介さんです。

エマリコは、国立をはじめとした地場野菜の直売店「しゅんかしゅんか」4店舗や、地場野菜を使った料理が人気のワインバル「くにたち村酒場」を運営しています。
春にはクラフトビールのお店がオープンする予定です。

東があたらしい「私」を見つけ、後にリトマスを誕生させるきっかけとなった創業セミナーも、菱沼さんが開催したものでした。

 

国立には「よく戻ってきたね」と言ってくれる人々がいた

起業 支援 シェアスペース リトマス 東希美子 エマリコくにたち 菱沼 勇介

菱沼さんは一橋大学時代を国立で過ごした後、都心の大手不動産会社に就職なさいました。その後27歳で国立に戻ってきて、28歳で法人を立ち上げました。
何が菱沼さんを国立に呼び戻したのですか?
菱沼 大学時代からまちづくりに強い関心があり、空き店舗を活用して商店街を活性化する活動をしていました。
学生ながら商店街の方々や市役所の方々と話し合ってプロジェクトを進めていくのが新鮮で、楽しかったですね。
  その経験を通して知人が大勢いたので、起業する時に「国立なら何かある」という思いがありました。
具体的には何も決まっておらず「一橋大学を借景にしてマルシェを開いたら楽しいんじゃないか」位でしたが。
  ありがたいことに「よく戻ってきたね」と歓迎してくださる方々がいたんですね。
  すぐにNPO法人地域自給くにたちに誘っていただき、学校給食に地場野菜を納める事業に携わるようになりました。

市街地の中にある都市農家とは

国立は文教都市のイメージが強いせいか、農地があると聞いて驚く人も多いですね。
菱沼 そうですね。駅前の賑わいからは想像がつきにくいかもしれませんが、市内南部は昔ながらの農家さんがあります。
統計上は、国立市内の農家さんは約100件。そのうち、販売も行っているのは約半分位でしょうか。
  都市農家の特徴は、作っている作物もさまざま、販路も家によって異なるということです。
当時はまだ都市農業の流通に興味を持っている人は少なかったのですが、ニーズはあると感じていました。
起業 支援 シェアスペース リトマス エマリコくにたち 菱沼 勇介
  そこで2011年に同じサークル出身の妻と後輩の3人で株式会社エマリコくにたちを立ち上げ、地場野菜の直売店「くにたち野菜 しゅんかしゅんか」を開きました。
  2012年にはワインバル「くにたち村酒場」と直売2号店の「にしこくマルシェ しゅんかしゅんか」をスタートさせています。
2016年には「多摩やさい しゅんかしゅんか」を多摩センターに開業しました。
  現在の取引農家さんは約100件。国立を中心に立川、日野、町田など多摩地域の農家さんとおつきあいさせていただいています。

人と人との距離の近さが都市農業の魅力

「最近疲れているから、体にいいものを食べたいな」という時はしゅんかしゅんかさんに行きます。
スーパーでは見慣れない旬の野菜を見かけて、スタッフさんに料理方法を教えてもらうことも楽しみの一つです。
  月一回通っているお料理教室の先生もしゅんかしゅんかさんの野菜を使っています。それだけで少しうれしい気持ちになりますね。新鮮だし、スーパーで買うのとは違う特別感を味わえます。
起業 支援 シェアスペース リトマス 東希美子
菱沼 買い物は単なる家事ではなく、趣味であり、癒しであり、エンターテイメントですからね。
  私は自社の仕事を「背景流通業」と言っています。
  「背景」とは、地域文化や、おいしさの工夫であると共に、人間に関わる情報です。
例えば「そのトマトを作っている人はハーレーダビッドソンに乗っているんですよ」とか。人間が作っていることを感じられた方がおもしろいじゃないか、と思うんです。
  我々のような地産地消ビジネスの強みの一つは、情報流通にコストがかからないことです。
  遠い土地で作られてスーパーに運ばれる野菜は、値段の大半が流通コスト。人間の情報を流すことまでしていられません。
一方で我々は、集荷にも直売店にも、スタッフが自転車でサッと行ける距離ですから。
  直売店の売れ行きで農家さんにもすぐにニーズがわかるので、次の作付けに反映させることで、農家さんの売上げも上がっています。

野菜に関心のない人たちにも伝わるように

起業 支援 シェアスペース リトマス 東希美子 エマリコくにたち 菱沼 勇介

この春(2017年)にはクラフトビールのお店もオープンされる予定とか。
菱沼 はい。「くにたち村酒場」はワインバルなので、女性のお客様の方が圧倒的に多いんですね。クラフトビールのお店には、より多くの男性も来ていただけるのでは、と思っています。
  直売店を利用される方は元々野菜好きな方や、農家さんに関心のある方がメインです。そうでない方にも新鮮な地場野菜のおいしさを知ってほしい。
だから直売店だけでなく飲食店も経営しますし、卸もします。
  販路を増やすのは売上を増やす目的もありますが、より社会にインパクトを与えていくためです。
  東京の農家さん全体をネットワークする位の規模を目指した方が、おもしろいことできそうだと思っています。

リトマスは「創業体験ゼミ」から始まった

会社設立の同年2011年に、「CESA(せっさ)くにたち」を立ち上げて地域で起業する人のサポートを開始されましたね。
菱沼 一人で何かやりたいと思っている人を支援したい、と考え、シェアオフィス「SOHOプラザ・ハニカム」をスタートさせました。創業セミナーも開催しました。
菱沼さんが主催された創業体験セミナーに、私も参加させていただきました。
当時私は50代に入って、また働きたいと思って仕事を探していました。でも、採用してくれる企業はありません。
  そんな時に創業体験セミナーで地元の創業者のお話しを伺い、「地元で起業する」という可能性に初めて気づきました。新しい発見でしたね。地元の知人も一気に増えました。
  セミナー中に女性の創業を支援する企画を発表して、活動を始めました。
起業 支援 シェアスペース リトマス 東希美子 創業
菱沼 現在のシェアスクール「リトマス」につながるスタートでしたね。
ちょうどタイミングが合ったんですね。ハニカムさんのお隣のスペースが空くと聞いて、菱沼さんに助言をいただきながら、リトマスのオープンに向けて準備を進めていきました。

大切なのは「人とのつながり」

起業 支援 シェアスペース リトマス 東希美子

初めてでわからないことだらけだったので、相談に乗っていただけたことが本当にありがたかったです。申請書のこと、お家賃のこと、オープニングパーティーのご招待先、それから力仕事までご協力いただきました(笑)。
  それまで住人として暮らしているだけではつながれなかった方々と、菱沼さんを通してつながりをいただけたのも心強かったですね。
菱沼 創業するときに一番大切なのは、人とのつながりです。創業体験セミナーでも重点的にレクチャーしましたね。借りを作ってしまえばいいんです。将来、返す覚悟さえあれば。そしたら、向こうも気にしてくれるから(笑)。人に頼ることが大事です。
その通りですね。自分でできることはほんの少しですから。私もやりたいことがある時、話してみたいことがある時は自転車に乗って会いに行っています。
今日はありがとうございました!

プロフィール

菱沼 勇介

株式会社エマリコくにたち代表取締役。
1982年12月27日生まれ。
農地のない街・神奈川県逗子市に育つ。
一橋大在学中に、国立市にて空き店舗を活かした商店街活性化活動に携わる。2005年に一橋大商学部卒業後、三井不動産、アビーム・コンサルティングを経て、国立に戻る。NPO法人地域自給くにたちの事務局長に就任し、「まちなか農業」と出会う。2011年、株式会社エマリコくにたちを創業。第3次国立市農業振興計画審議会委員(2016年)。

http://www.emalico.com/

東 希美子

リトマス代表。事務機器メーカーで営業・企画職として楽しく働くも長男出産後2年で ワーキングマザー挫折。その後、在宅ワーカーとして10名の女性と共にワークシェアグループを結成し15年にわたって実践。学習塾経営なども経て、地元での起業を志す。2013年7月創業補助金(地域需要創造型等起業・創業促進事業)の認可を受け、同年11月1日国立駅徒歩3分の場所にシェアスクールスペース「リトマス」オープン。 地域で開業する女性のニーズに合わせたレンタルスペースと起業支援事業を展開中。

リトマス・インタビュー特集

Aさん(35歳)(起業前)

( 相談時の状況 )

子どもを幼稚園に預けている間に、具体的なプランは浮かんでいないが
自分の趣味を生かしたお教室はできないか悩んでいる。

(1)個別相談【10,000円+消費税】

・弊社指定のワークのご提出
・ご提出いただいた指定のワークを基に50分の面談
・面談にて問題点や課題の抽出、今後のスケジュール作成

合計料金 10,000円+消費税

結果

どんなことを準備していけば良いか、今足りていないことは何かがはっきりしてやるべきことが明確になった

Bさん(29歳)(起業前)


( 相談時の状況 )

ヨガインストラクターの資格を取得し、起業したいと思っている。
起業するにあたってのノウハウを知りたい。

(1)個別相談【10,000円+消費税】

・弊社指定のワークのご提出
・ご提出いただいた指定のワークを基に50分の面談
・面談にて問題点や課題の抽出、今後のスケジュール作成

(2)カウンセリング(起業前)【30,000円+消費税】

・リトマス指定のワークやチェックリストのご提出
・ご提出いただいた指定のワークやチェックリストを基に90分の面談
・面談後、10年後までの事業イメージを作成
・事業イメージへコメント

合計料金 40,000円+消費税

結果

ワークを行うことで自分の強みや勉強が必要な部分が明確になった。
計画的に進めて行くイメージができた。

Cさん(51歳)(起業後)

( 相談時の状況 )

場所を借りて子ども向け教室を開催している。
生徒数が増えないためこのまま場所を借りて行うか、自宅で行うか悩んでいる。

(1)個別相談【10,000円+消費税】

・弊社指定のワークのご提出
・ご提出いただいた指定のワークを基に50分の面談
・面談にて問題点や課題の抽出、今後のスケジュール作成

(2)カウンセリング(起業後)【50,000円+消費税】


・リトマス指定のワークやチェックリストのご提出
・既に作成しているホームページやブログ、SNSでの発信内容の診断
・ご提出いただいた指定のワークやチェックリストを基に90分の面談
・問題点や改善点のご提案
・面談後、10年後までの事業イメージを作成
・事業イメージへのコメント

合計料金 60,000円+消費税

結果

ブログやホームページのカウンセリングをしてもらえたので、文章やキーワードの改善点が分かった。集客の方法が分かった。

Dさん(45歳)(起業後)

( 相談時の状況 )

リラクゼーションサロンを自宅で開業している。
新規顧客の集客がうまくできず悩んでいる。。
お金の管理や確定申告の書類作成にも苦労している。

(1)個別相談【10,000円+消費税】

・弊社指定のワークのご提出
・ご提出いただいた指定のワークを基に50分の面談
・面談にて問題点や課題の抽出、今後のスケジュール作成

(2)パックサポート(6か月)【300,000円+消費税】

・カウンセリング後に6か月で必要なサポート内容の作成と確認
・基本パックの内容

 ・ブランディングから商品メニュー作成
 ・広報や集客の工夫、文章の書き方など
 ・お客さまとのやり取りやビジネスマナー
 ・お金の管理から申告書類の準備
 ・月2回の対面サポートと回数無制限のメールサポート
 ・事業計画書作成と進捗に合わせたチェック

合計料金 310,000円+消費税

結果

ワークを行ったことで商品の種類と価格について再検討できた。集客の問題点をカウンセリングであぶり出しできた。お金の流れについて確認し確定申告までに書類の整理をすべき点が改善できた。対面サポートのおかげで6か月を不安なく進むことができた。

Eさん(33歳)(起業前)

( 相談時の状況 )

フラワーアレンジメント教室を開催したいと思い、準備を始めている。
個別相談後、自分の価格設定ではイメージ通りの事業展開ができないと思い、オプションサポートを希望した。

(1)個別相談【10,000円+消費税】

・弊社指定のワークのご提出
・ご提出いただいた指定のワークを基に50分の面談
・面談にて問題点や課題の抽出、今後のスケジュール作成

(2)オプションサポート【32,000円+消費税】

・商品(サービス)の値付け方法や考え方
・サポート時間が4時間で終了 1時間当たり8,000円
*1
*1 複雑な事例の場合は1時間当たりの料金が変わる事があります

合計料金 42,000円+消費税

結果

ワークにより新しい商品メニューを追加できた。商品の価格を考える際のポイントが理解でき不安が解消できた。